オンカジ攻略法の王道 マーチンゲール

昔から取られていた手法

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、昔から利用されていました。一度的中させれば基本的に元本は返ってくるので、かなり前から利用・導入されている攻略法にもなっています。他のギャンブルで導入されていたものですが、オンラインカジノでも使えることがわかってきたので、結果的にオンラインカジノでも使われることが多くなったのです。

他のギャンブルで使われていた手法

実際のカジノがオープンしたのは、1700年代とされています。この頃にはマーチンゲール法に該当する方法が模索されていて、この方法を使えば負けることが少ないと思われていたのです。実際に使われているのはかなり古く、そして多くの方が実践していた方法でもあります。昔のカジノは、様々なイカサマも行われていた傾向があるので、実際にマーチンゲール法を使っても勝てるかどうか微妙な点もありました。
現代になって、マーチンゲール法は賛否両論の方法とされています。配当金はしっかりともらえるものの、実際にゲームを進めても当たらないこと、増えている金額が微々たるものになっているなど、あまりいいとは言えない見方をされていることもあります。しかし他のギャンブル、そして実際のカジノでも成果を挙げている方法ですから、これからも初心者を中心に使われることは間違いないです。
オンラインカジノでは、実際にプレイされるようになって、まず先に使われた方法です。マーチンゲール法の理念はとても簡単とされているので、すぐに情報を把握して導入でき、しかもリスクを軽減できることが大きなポイントでした。

古いからこそアナログ思考が強い

マーチンゲール法は、他の攻略法に比べるとアナログ思考になっていて、倍にすれば単純に元を回収できるだろうという考えがあります。相当昔に作られていた方法ですから、どうしても問題となる部分は出ており、新しい攻略法よりも利益の部分では劣ってしまいます。これを改善するためには、他の方法を取り入れるなどして、マーチンゲール法を高めることも大事です。
金額を増やすと、リスクも結果的に増える方法となっているので、比例して問題が起こりやすいこともあります。オンラインカジノでも使われていますが、最近は他の方法を取り入れる人も増えており、アナログ的な攻略法は採用されにくい点もあります。それでも2倍のゲームで勝てる可能性が高まっていることは、今でもメリットを受けやすい点があります。

ペイアウトが高いからこそ生きる

ペイアウト

何かを取られてしまうと、その時点でマーチンゲール法は、使えなくなります。配当金に手数料がかかると、マーチンゲール法で増える金額が減ってしまうので、使ってもお金が増えないのにスタートに戻ってしまいます。オンラインカジノだからこそできる方法で、他のゲームでは使えないことが多いです。

競馬などは使えない

ギャンブルの代表格としては、競馬などの単勝があります。2倍の単勝に賭けて、次のレースでまた2倍の単勝に賭けるという方法もありますが、マーチンゲール法では短時間に何度も行うのが理想とされているため、競馬では使えません。また競馬の場合は、手数料の概念があり、取られてから2倍の配当金を支払うなどの方法が使われるので、一概に2.0倍の単勝ばかりが出ることはありません。
更に混戦のレースになっていると、結果的にマーチンゲール法を使えない倍率が出てきます。混戦のレースで単勝だけを狙うのはリスクが高いですし、複勝にすると配当が安すぎて、マーチンゲール法を使えません。正しく使いたいと思っている場合は、オンラインカジノに限って利用した方がいいですし、他のゲームでは取り入れないことが望ましいです。

確率が高くないと利用できない

もう1つの問題点として、確率が高くないと利用することが困難で、マーチンゲール法を使っても当たらない状況を作ってはいけません。競馬のように、頭数が多い場合、確率はかなり極端に小さくなります。マーチンゲール法では、2分の1の状況が望ましいとされるため、ルーレットやバカラに限って利用されます。確率を極端に下げるギャンブルには、使うことができないのです。
高くない場合は、マーチンゲール法を使っても的中する確率が減ってしまい、使う金額が増大します。当たらないと元は返ってきませんから、とにかく当てることに専念するのです。マーチンゲール法は、オンラインカジノならそうした当たりやすい状況が作られるので、使っても問題は起こりません。

ネットの世界だけで行おう

実際のカジノでも利用できる方法ですが、マーチンゲール法はオンラインカジノに限定した方がいいです。そしてヨーロピアンルーレットなどの簡単なもので使い、理想的な配当をもらうといいでしょう。
ネットの世界だけで行なったほうが、計算が面倒にならないことや、負けている回数を間違えることがありません。実際のカジノはメモが取れないので、負けている回数を間違えることが多くなります。把握できないと失敗することが多くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です