カジノカフェは確実に違法なギャンブル

カジノカフェは安全でしょうか?

繫華街などでみかける「カジノカフェ」ですが、これは安全なものなのでしょうか?
その仕組みと法律に抵触する部分を解説しましょう。

カジノカフェ・初摘発の概要

カジノカフェ・初摘発の概要

2006年の2月に京都のカジノカフェで京都府警による摘発がおこなわれました。
ニュースによると、京都市内に所在するインターネットカフェの店員2人が常習賭博容疑で逮捕されました。
また、このときに店内にいた客2人を賭博容疑で現行犯逮捕されています。

このインターネットカフェはオンラインカジノを利用した店舗であり、それまでオンラインカジノによる逮捕がなかっただけに、関係者に大きな衝撃を与えました。
法務省からも今回の逮捕が、オンラインカジノ利用による初めての例であるとのことです。

なぜ、逮捕されたのでしょうか?

ここで疑問が湧くのは、どのような罪で逮捕にいたったのでしょう?オンラインカジノは違法ではない、というのが常識なので、不可解な点が多く見受けられます。
そこで、内容を詳しく解説していきましょう。

この店舗では、フィリピンで開設されているオンラインカジノと契約を結び、来店客に遊ばせる形態をとっていました。
ちなみに、店員は客に対してオンラインカジノが違法ではないと説明していたそうです。
今回ポイントとなるのは、オンラインカジノ自体の違法性を問うているのではなく、この店舗自体で胴元行為をおこなっていた点となります。
店舗はアカウント登録を済ませた時点で「100%ボーナス」を受けとっており、これを利益の原資としていたのでしょう。
そして、コインに相当するポイントを客に販売していましたから、店側が損をすることは無いように設定されていたのです。

京都府警のねらい

本来は、オンラインカジノ自体を「賭博罪」の名のもとに摘発対象としたいところがあったのでしょう。
しかし、海外に運営業者があるだけに、現在の法律では取り締まりが難しく、長年にわたって黙認されてきました。
しかし、今回の事例では、長期間にわたる調査で店側による「胴元行為」を立証できると考えたのでしょう。

ここでしっかりと理解しておきたいのは、オンラインカジノ自体が摘発されたわけではない点です。
オンラインカジノを利用した「胴元行為」に賭博罪を当てはめた結果の摘発だったのです。お分かりでしょうか?

 

摘発に対する判決

摘発に対する判決

利用客は「賭博罪」に問われたのに対して、店舗運営者の2人はより罪の重い「常習賭博罪」が確定しました。
組織的かつ職業的な犯行にたいして、重い刑事責任が問われることとなり、執行猶予付きの懲役2年と追徴金1億139万円が京都地裁で申し渡されました。
今後の教訓にしなければなりません。

違法なカジノカフェに注意しましょう

一時期、繫華街で多く見受けられた「カジノカフェ」ですが、摘発を受けてすっかり影を潜めました。もし見かけたら、関わらないように注意してください。

カジノカフェの問題点

カジノカフェの問題点

個人で楽しんでいるオンラインカジノは、現在のところ「賭博罪」に問われません。
その理由は、「賭博罪」のポイントとなる現金のやり取り相手が海外にあるからです。

オンラインカジノを運営している業者は、海外に拠点をおき、その国で合法的な運営をおこなっています。
これに対して日本の法律を適用できませんから、ライセンスを所持しているオンラインカジノで遊んでいる限り、「賭博罪」の適用をうけることはないでしょう。

一方、「カジノカフェ」はオンラインカジノを利用した店舗ですが、違法性のある運営をおこなっていました。
それは店舗自身が「胴元行為」をおこなっており、店舗内で現金のやり取りを行った点です。
「どうして、これが問題になるの?」と疑問に思われるかもしれません。
さっそく問題点を指摘しましょう。

オンラインカジノ自体は日本の法律を適用できないのですが、カジノポイントを利用した「現金のやり取り」は完全に「賭けごと」です。
ここに大きな問題があり、「賭博罪」の適用が可能となります。また、こうした店舗は暴力団などの資金源となることが指摘されました。
警察としても看過(かんか)できない事態となったのです。

摘発の概要について

上述の通り、京都で発生した全国初の摘発は、2006年の2月に京都市中京区の「ゴールドラッシュ」で店員2人と客2人が現行犯逮捕された県が該当します。

オンラインカジノ自体は摘発対象とすることができません。しかし、「ゴールドラッシュ」では店舗内で現金のやり取りをおこなっており、これが「ギャンブルの胴元行為」として認定されたのです。
京都府警は現金の流れを探るために、長期間にわたる内偵捜査を続けました。状況証拠を積み重ねることで逮捕状を請求して、自信を持った現行犯逮捕となったのです。
店員が逮捕されるのはともかく、客2人も逮捕されてしまうのはショッキングな出来事です。

現在のカジノカフェ

京都での「カジノカフェ」摘発以降、全国で同様の摘発がおこなわれました。
その結果として、違法な「カジノカフェ」はすっかり姿を消したのです。ただし、現在も「カジノカフェ」や「カジノバー」を繫華街で見かけます。
これらは、店舗内にディーラーを配置して、テーブルゲームを楽しめるようになっているものです。「カジノゲーム」の雰囲気を手軽に楽しめますから人気があります。
もちろん「ギャンブル」はおこなっていませんから、ゲームに勝っても現金を受けとれません。誤解のないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です