オンラインカジノが業界を席巻できた理由

ギャンブルの世界には、様々な種類の賭け方・遊戯がありますが、今どのようなトレンドがあるのかご存知でしょうか?
それは、オンラインカジノというインターネットの利点を巧みに利用した、新しいジャンルのギャンブルスタイルと言っても過言ではありません。
その証拠に、昔から生活の中に賭け事が一部分になっている往年ギャンブラーから、初めて賭ける楽しみを覚えたビギナーまで、支持をしているギャンブルゲームです。

オンラインカジノは、ギャンブルゲームとしては、世界に数百万人レベルのプレイヤーが利用していると言われており、世の中に存在するギャンブルの中で、最大のファンや利用者を持っているのではないかと考えられている程です。
では、オンラインカジノとは、どのようなギャンブルの仕組みになっているのでしょうか?

オンラインカジノとは何?

オンラインカジノは、何となくゲーム進行を眺めていると、インターネットで人気のネット対戦ゲームやシミュレーションゲームに似た感覚でプレイするような気がするかもしれません。
しかし、それだけでなく「賭ける」、「稼ぐ」というギャンブルならではの醍醐味をたっぷりと味える本格的なカジノそのものです。

本場のランドカジノでルーレットやスロットに投じるチップやコインも、本場カジノさながらの賭け方になりますが、オンライン上のギャンブルなので、クレジット決済や振込で入金した後にネットの中で専用チップに替えてベットしていきます。
そして、ルーレットで予想が当ったり、カードゲームでディーラーとの勝負に勝つことで、配当金を稼げるようになります。

オンラインカジノには、ブラックジャック・ポーカーなどのカードゲームや、ルーレット・スロットを基本にいくつもの派生バージョン・シリーズが開発されており、パソコン・スマホなどのモバイル端末から参加することができます。
その結果、空いている時間をギャンブルに当てて楽しむことができるので、通勤中の時間を有効に使えるのです。
そのおかげで、どんな所にいたとしても、自分が遊びたいと思った時に、すぐに楽しめる点がオンラインカジノの魅力と言えるでしょう。

ジャックポットでいきなり数千万円!

オンラインカジノは、インターネットを活用して、ネットの中で、お金を賭けることができるオンラインギャンブルのゲーム群のことです。
その中でも強烈過ぎるほどのインパクトがあるのが、スロットマシンでしょう。

本場カジノでも「ゲームの定番」に位置付けられるスロットマシンは、コインを入れてスロット回すことで、縦・横・斜めなどのラインを合わせて色々な倍率で稼ぐ配当金が楽しくなるのですが、稼いでいくゲームですが、さらに多くのプレイヤーを引き付ける魅力があります。
それはジャックポットと呼ばれる大当りの懸賞金が隠されていることで、世界中のプレイヤーが投じた賭け金のごく一部をプールにしておいて、予測できないタイミングで、その貯まった懸賞金が、1人のプレイヤーに当たるのです。

「出血大サービス」と言っても大袈裟ではないレベルの金額で、日本円にすると数千万円~数億円という桁違いの大きな報酬です。
今まで日本人でも、オンラインカジノで、数千万円クラスの配懸賞金を手にした人が何人もいますので、決して他人事ではありません。
過去には、4億円というとてつもなく大きな懸賞金も出ているので、オンラインカジノで、ある日突然、夢のような報酬を手にする可能性があるのです。

オンラインカジノの歴史

このオンラインカジノは、いつ頃から始まったのでしょうか?
オンラインカジノの歴史は1990年に入ってから始まりました。

もう約30年近くの月日が経っていますが、インターネットが世界中に普及し始めてきた頃で、オンラインカジノの歩みもほぼ同じタイミングで動き始め出したと言えます。
イギリス連邦の加盟国アンティグア・パーブーダという国が、オンラインカジノの運営を公に許可するライセンス発行の法律を定めたことが、まず第一歩となります。
この許可証により、カジノ事業者が次期にインターネット上でカジノを運営することができるようになります。

このような仕組みができてから、イギリス連邦の加盟各国でも同じようにライセンスが発行する動きとなります。
オンラインカジノの立ち上がりにおいては、それまでランドカジノのゲームを手掛けてきたアプリベンダーもオンラインカジノ業界に参入し数々のソフトを事業者に提供するようになってきました。
これにより、多くのオンラインカジノが、活発化してきたのです。

オンラインカジノの法的な解釈

日本でもオンラインカジノの人気の高まりは、プレイヤーが年々増え続けていることを考えると、その勢いは留まる所を知らないと言えます。
しかし、ここで1つの疑問が浮かんできます。
それは、日本におけるギャンブルは、法律で厳しく制限されていることです。

法的に認められているのは、競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじといった公営ギャンブルだけです。
身近なパチンコでさえ、店と換金所の3店法式でクリアにさせているだけです。
このように考えると、オンラインカジノのようなギャンブルは、賭博罪になってしまいます。では、どうしてもここまで人気が出てきているのでしょうか?

その理由は、オンラインカジノを規制する法律が日本で整備されていないからです。
オンラインカジノでプレイするためには、海外旅行でカジノで賭けるように、海外サイトにアクセスして賭ける形態になっていることから、日本国内での賭博行為でないとされているのです。

自宅やカフェでプレイしていると、あたかも国内で賭博行為に興じているような錯覚におちいりますが、そうではないわけです。
このようにオンラインカジノは、何時でも自分の好きな時にエントリーできる魅力のあるギャンブルとして親しまれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です